島ニンジン(ニンジン根エキス)

島ニンジン(ニンジン根エキス)

沖縄方言のチデークニーとは「黄色い大根」という意味で中国から伝わったといわれており、沖縄では約120年の栽培の歴史があります。昔から薬膳料理に利用されたり、薬に代わる作物として重宝されてきました。ビタミンC、カロチンが豊富で特にβカロテンはビタミンAの中で最も強い効力を持つといわれ、皮膚を正常に保ち、さらにシワを解消する効果があります。