熱帯ウコン(ウコン根エキス)

熱帯ウコン(ウコン根エキス)

ウコンはショウガ科の多年草で、高温多湿を好みます。沖縄では肝臓を強くする働きがあるとされ、古くから民間薬草としてお茶や料理に利用されています。
沖縄産の有機栽培による熱帯ウコンは一般的に利用される種類の秋ウコンに比べ、クルクミン量が約6倍、精油量が約2.5倍多く含む、特別なウコンです。
ウコンエキスに含まれるクルクミン、精油成分には抗酸化作用、抗炎症作用、エラスターゼ活性阻害作用、女性ホルモン様作用があります。